2017年 08月 30日 ( 1 )

今の総距離は747kmなので朝10km走れば757kmになって800kmまであと43kmになる。
ということは衣浦大橋周りなら41kmなのであと2km不足するから今朝のうちにあと2km走っておくか、GPSをONにしてちょっと遠回りして正確な距離を出しておいてそれによって残りが40kmになるようにすれば衣浦大橋周りでOKだし、普通に今朝はいつものコースにしておいて参拝すれば11kmになるし、仕事終わりでリュックだけ置いてそのまま朝自転車コースを走ってきてもいいし、でもやっぱり夕方は暑いので朝少し距離をかせぐためにGPSONにして時間で適当に走ってみようと思う、1時間走れば24kmくらいにはなるので、いつもは40分くらいだから、ここまで戻ってくるとしんどいけど神社に行って愛知用水をくるっと回ってくるとけっこういい距離と時間になると思う、とにかく今朝はGPSをONにして走ること、そして31日は碧南臨海公園までは行かないで、今日の距離次第で明石公園くらいまでなら走ってもいいし。
衣浦大橋出てから明石公園往復でプラス5kmになることは覚えておこう。

朝自転車で18km、実際には18.7kmを1時間5分で走ってきたので、本日までの総距離は765kmになりあと35kmで800kmになるから、明日は35km走ればいいので明石公園まで行かなくても衣浦大橋周回でOK。
明日の衣浦大橋周回はどの自転車で行くかが問題だけどカラクルは行ったんだっけ。
SAVAもカラクルSも衣浦大橋周回は行っているので、まだ行ってないのがブロンプトンみたいだから、明日はブロンプトンで出る。

アーシングテスターその他のパーツが届いていたので三ツ矢サイダーを飲んでシャワー浴びてすぐにコンセントのアースが生きているかをチェック、これはアースチェッカーでソケットのアース線をアース端子につないで3つの穴のアース穴が下に向くように取り付けてアースチェッカーを差し込んでみるとオレンジ色が2つ点いたので正常にアースがとられていることになる。
だからこの家のアース端子は正常。
布を買っておいたが普通のテスターでは導通ないので使っていなかったが、このアーステスターでみるとちゃんと緑ランプが点灯するのでOKだからすぐに一階に持っていって横のコンセントのアース端子に線をつないでこの布を敷いておいた、朝自転車の後とか外から帰ってきたときにすぐに二階でアーシングしなくてもこの上に載っていればいい。
このPCの前のSUSパイプも腕につけるバンドもちゃんとアーシングされている、不思議だったのは廊下の木製のフロアに立ってアーシングテスターで見るとちゃんと緑ランプが点灯するのだ、そしてパンツを履いてお尻だけアーシングシートに乗っても緑ランプは点灯するし、タオルケットの上にのっても点灯しているから大概のことはOKみたい。ただ、フローリングの上はアーシングできてもその上の絨毯の上に乗るとアーシングできてない。

これでアーシングチェックできるので、ぜひにも自転車での走行中にアーシングできるようにしたい、そして降りたときには積極的にアーシングできるようにアルミ棒をどこかに忍ばせておきたい。

アーシングテスターを庭に持ち出して単管パイプでアーシングできているか測ったらやっぱり地中に差し込んであるので大丈夫だった。
そして単管パイプを起点として犬走りを裸足で乗るとちゃんとアーシングするし、石も枯れた松の木でも大丈夫だったし、草の上、ジャリ地面に置いたブロックやブロック塀も塗装がなければ大丈夫だったが少しでも塗装がしてあるとトタン板やガレージのアルミ支柱も駄目だったので塗装やアルマイトを剥がせば大丈夫なんだと思う。
ということは自転車は全身塗装されているのでクリップする部分や地面に引きずる何かを締結する場所をちゃんと選んでアーシングテスターで確認しないと意味ないことをしているかも知れない。
ということで今夜物置でやってみようと思ったが、それは土曜日の走行で確認しながら走ることにして、明日はとにかく8月の月間800kmを目標にしており、帰宅後はクールダウンしてから仕事には10時に出るのでいらんことはしないようにしようと思う。

といいながら、どこに締結すればいいのかをちょっと見てこようと思う。














このくらいの距離走っても1時間だから毎日でもまだ明るいうちならOK
今朝は4時50分に出たのでけっこう暗いから路面が見えない
あの超明るいライトはもう一度購入の必要があるかも朝自転車用に
e0126103_06272676.jpg



こうやって見るとまだけっこう脂肪が着いているのが分かる
e0126103_06350093.jpg




e0126103_06350331.jpg



Amazon見ていたらこんなのがあってメーカーはテックワンになっていたので
カラクルSのテックワンがこんなの発売したみたい、SAVAがテックワンにあった
というのはこれを作る元としたのだろうと思うが、こちらはアルミのようだし
価格は安いがディスクブレーキはワイヤー式、16インチ
e0126103_06473326.jpg






[PR]
by tadasue3 | 2017-08-30 01:08

初代シルビア


by tadasue3
カレンダー