2017年 09月 08日 ( 2 )

蒲郡までの走行途中でのいろんなアーシングテストの模様はここに別途載せる。
今日は蒲郡までと知立からの帰路と合わせて72kmをブロンプトンで走行してみたが途中静電対応サンダルで走ったので休憩というか写真を撮るのにとかで下車なり足を地面に着くときは片足でもコンクリートやグレーチングに載せて信号待ちしたりしたので、電子を地球さんからもらっているから抗酸化できているからだろう距離の割には全く疲れが無くて、家に戻ってブロンプトンを洗車して自分もシャワーしてすぐに嫁はん連れて買い物に行ったくらいだった。

このアーシングというのはとてつもないものだと思う、なにせ元でがかからないから。
エハン・デラヴィさんはとんでもないモノを見つけてよくぞ広めてくれたと思う、感謝する。
そして翻訳して出版してくれた愛知ソニアさんにも感謝。

部屋の中はどこもかしこもアーシングできるようにしてあるのだけど、一歩外に出ると裸足になればアーシングできるが、それでも歩くところはほとんどアスファルトなのでアスファルトはアーシングできないということだけでも知識が無いとせっかく静電対応のサンダルや靴を履いていても普通に散歩していては地球の電子の恩恵は頂けないので履物の開発と、アスファルトは駄目だという認識は同時に広まって欲しいものだ。







木の皮のむけたところは導通する
ちなみに木の皮は最初からむけていた
e0126103_22423614.jpg



皮があっても導通していた
ただ、昨夜の雨で湿気っているからかも知れない
路面もアスファルトでも濡れているところは
このサンダルだと導通しているから
e0126103_22424185.jpg



電柱はコンクリートなので導通する
e0126103_22424549.jpg



花崗岩の石塀は導通せず
e0126103_22424960.jpg



歩道のアスファルト脇のコンクリートは導通する
e0126103_22425229.jpg



素焼きのレンガは導通する
この後出て来るが同じような色でも素焼きでないと導通しない
e0126103_22425694.jpg



セメントでできていそうな歩道でも導通しないタイプがある
塗装されているのかもしれない
e0126103_22425902.jpg


レンガ色なんだけど釉薬の色のようで導通しない
e0126103_22430309.jpg



導通しなかったブロックの間の苔のあるところに刺すと導通する
e0126103_22430677.jpg



公園というか蒲郡海岸の雑草の中にある休憩所の
石のベンチの上に乗ってみたら導通する
このサンダルは静電対応のサンダルなので導通するのだ
e0126103_22431004.jpg



この休憩所の藤棚のような柱は石だったのでやってみると
ここの花崗岩は導通するところとしないところがあるので
花崗岩に含まれる結晶の種類で導通するところがあるのだと思う
e0126103_22431421.jpg



不思議だったのがこの海岸べりに設置している濡れ縁みたいなところで
全行程木製の縁だと思っていたら2種類あることが判明
この足が載っているネジ止めされている方が木製で導通する
e0126103_22431805.jpg



隣で導通していたのにこちら側は導通しない
指で弾いてみると多分材質はアルミで暴露しているので
アルマイト処理はされているだろうから
けっこう風雨にさらされてもアルマイトが効いているのだろう
導通しない
e0126103_22432285.jpg



このプレートは竹島桟橋のところの海岸に設置されているが
当然導通すると思ったのに導通しないのでビックリ、これが
焼き物、セラミックではあるが釉薬がかかっていそうな色合い
なのでそれが原因で導通しないのだろう
e0126103_22432781.jpg



昔は色が塗ってあったようなところも剥げ落ちると導通する
これは下地がコンクリートだから
e0126103_22433055.jpg



刈谷の運動公園はサッカーがメインのスタジアムなので
歩道の敷石がこのような形になっている
見るからに導通しそうなんだけど
e0126103_22433482.jpg



導通しない、何でだろう?
この下地でいちど雑草避けか何かで樹脂シートか
何かで絶縁されているかも
e0126103_22433749.jpg



ところがその中に素焼きのレンガを切ったような丸いマンホールの
ような形のところがあるが
e0126103_22434185.jpg



このレンガ色のところは素焼きそのままなので導通した
e0126103_22434458.jpg






[PR]
by tadasue3 | 2017-09-08 22:44

72km、蒲郡とうなぎ、

今朝はエキサイトのこのサイトがすごく早く立ち上がったのでビックリ、そんな日もあるんだ。
今日は仕事休みにしたのでこれからお尻メソッドやって筋トレは軽くにして外が明るくなってから出ようと思っている、というのはせっかくだから帰りには知立か安城で下車して知立の旭屋までブロンプトンで自走してまた特上うなぎ丼2000円を食べたい気がしたから、それには店は11時に開店なのでそれに合わせないと早く行き過ぎてもまた先回みたいに弘法山をウロウロしてないといけないので、ここから国府駅まではユックリで4時間半くらい、電車が待ち時間入れて知立まで30分くらいだから朝6時にここを出てちょうどくらいになるから、自走時間もあるので5時半くらいになったら薄明るくはなるからそのくらいに出てみようと思う。

途中でアーシングしながらブロンプトンで走るので足元に何を履いていくか?
今日は裸足ではちょっと出掛けが寒いかも知れないけどどうだろう、ちょっと外気温を見てくる、気温は25.2度で湿度は90%になっているから普通の靴下でも充分にアーシングできると思うが、このくらいの気温なら靴下いらないので裸足でアーシングサンダルで行くことにする。
念のためにアーシング靴下はトートバッグに入れていくか。
アーシングテスター一式はもうトートバッグに入れてあって道中のいろんな路面をチェックして行きたい、というのはレンガの歩道や海岸沿いに木の濡れ縁みたいになっているところもあるからあいうところはアーシング可能なのかもみたいし海に浸からなくても堤防の上でもアーシングできることを竹島のところで写真に撮りたいし、駅のホームってアスファルトなのかコンクリートなのか、太陽光が当たりにくいのでコンクリートとしても工場のようにアーシングできないかも知れないのでそういうところも見てみたい。
とにかくこれからは自転車で長距離20km以上くらい走行するときにはアーシングテスター一式は持ち歩くようにしたいのでちゃんとしたケースに入れてやりたいができるだけ透明で見える方がいいからジプロックの袋がいいかも。

今日のdマガジンでは月刊ムーの新しいのが出てるので蒲郡から帰ってきたら見ないと。

結局、うなぎの旭屋には11時05分くらいに到着、平日なのでそのまま入ってもお持ち帰りのおばあさん一人だけだった。
その後に10人くらい入ってきたがみんな年寄りばかりで、みんな元気だ。
途中アスファルト横の側溝のコンクリートというかセメントのところで信号待ちや日陰の休憩などをしてきたので疲れはほとんどない。
明日は買い物に行きたいらしくて、いつものイオン大高、カインズでOKらしいから8時までに帰ってくればいいので5時に出れば3時間あるので30kmくらいは余裕で走ってこれるから大府湾岸ヤマト周りにするとそのくらいの距離だったと思うのでそれにする。
明日の午後からは、新しいベンダーの搬入があるのでちょっと見に行ってみるつもり、搬入の写真も撮りたいし。

アーシングチェックはいろんなところでやってみながら走っていたので平均走行時速もいつもなら16kmを越えるのに16km未満だったのはフロントを50Tから48Tに変更したこともあるかも知れないが、チェーンリングは48Tが追い風でも向かい風でもベストだと思う、追い風なら1段上を使えばいいし、向かい風では今日もけっこう1段下を使って帰りは帰ってきたから。
ブロンプトンのリア12,15,18Tに対してお尻でこぐ感じで一番合っているのは48Tなのでこれはもう固定する。

今日の全行程は72kmになるが、このくらい走るといろんなチェックポイントが目につくので色々やってみた。
樹木もちゃんと写真に撮ってないので、それも入れたし、電柱や石垣、最もビックリしたのが、歩道のれんがというかブロックというか石畳のようになっている材料だけど、セラミックは間違いないだろうけど、導通するのと無いのがあるのにビックリした、見た目にはわからないから。
基本的に煉瓦色だとOKだと思っていたが、釉薬で赤茶色になっているモノは駄目で煉瓦色の素焼きのモノはOKみたい、釉薬や塗料のついているもの、アルミで屋外にあるのはアルマイト処理されているので、少々風雨にさらされていても導通しない、それよりも木の方が導通した。
アースの取りにくいところでは雑草に「ちょっとチクッとするけど、ごめんね」と言いながらワニ口クリップで茎を挟んでやるのが一番確実。
























雨雲はもうなさそうなのでユックリと晴れてくるくらいなので
はじめのうちは涼しいと思う
e0126103_04310539.jpg



朝5時半ころベランダから
EVは通常-0.3にしているが
この写真は-1.7にして撮っている
e0126103_15455990.jpg



5:48出かけてから大原池のところで
e0126103_15460263.jpg



大原池から見た東の空
e0126103_15460525.jpg



そろそろチョッキが使えるのでポケットがあって便利
アーシングテスターはポケットに入れて走る
足元は静電対応サンダル
e0126103_15461087.jpg




e0126103_15461339.jpg




e0126103_15461763.jpg



グレーチングの上でパンをかじりながらのアーシング
一々裸足にならなくてもいいから静電対応サンダルは便利
e0126103_15462090.jpg



大陸の高気圧の中なので湿度がすごく低いので飛行機雲はできずに
飛行機だけが点に見える
e0126103_15462532.jpg



建造中の目的が分からない普通とは違った船
竹島の少し手前の海岸
e0126103_15462944.jpg



堤防沿いの唯一大っきい桜の木の下でアーシングと休憩
日陰に入ると涼しい風が
e0126103_15463343.jpg



輪行で初めて名鉄の特急に乗ったがブロンプトンが
座席にちゃんとハマるので便利
e0126103_15465459.jpg



先回は入り口すぐのところに座ったのでこの奥の座敷が
見えなかったが今回は1番で入ったので椅子席の一番奥に
座ったから座敷が見渡せた
e0126103_15465982.jpg



このブロンプトンの手前が弘法山の参道
e0126103_15471110.jpg



みどり公園横の池でカワセミが木陰で休んでいた
12時を回っているので日差しがキツイ
自転車で走っていると何故かカワセミにはよく遭遇する
カワセミは近づくと絶対に逃げるが
この写真はかなり遠くでカメラは最大の600mmにして
撮っているからなんとか写っている
e0126103_15471610.jpg






[PR]
by tadasue3 | 2017-09-08 04:31

初代シルビア


by tadasue3
カレンダー